食べすぎちゃった!を上手にリセットする方法

ダイエット

PR:アドウェイク

食べすぎちゃった!を上手にリセットする方法

ダイエット中なのについ食べすぎてしまった!と、次の日に後悔した経験がある人も多いのでは?

そんな時は、素早く対処して上手くリセットしてしまいましょう!

前日に食べすぎてしまっても、次の日にすべてが脂肪としてつくわけではなく、脂肪に変わるのはおよそ24〜48時間程度なので2〜3日の猶予があるといえます。

この猶予期間をどう過ごすかが上手くリセットできるかの大事なポイント。

そこで食べすぎちゃった後にできるリセット方法をご紹介します。

翌日の断食はNG!

食べすぎた後は食事を抜いて摂取カロリーを調整したくなりますが、これは逆効果。

その理由として、「血糖値の急上昇」と「脂肪燃焼のしにくさ」が挙げられます。

食事を抜くと、次に食べ物を食べた時の血糖値が急上昇してインスリンが分泌され今度は血糖値が急降下。

そうなると身体は糖が足りないと認識してしまい、必要以上に糖を吸収しようとするので、余ったエネルギーが脂肪として蓄積されるといった悪循環に・・・

大事なのは、摂取カロリーを減らすのではなく代謝を上げて脂肪の蓄積を抑えること。

リセットに最適な期間

早くリセットしたい!という気持ちはあると思いますが、焦りは禁物。

まずは2〜3日を目安に続けましょう。しっかりとリセットするためにはさらに1週間も頑張ればさらに効果的。

長く感じるかもしれませんが、無理なく続けられる方法なら大丈夫。

それでは気になるそのリセット法をみていきましょう。

簡単!リセット法4つ

1.いつもより水分を意識して摂る

食べすぎた時というのは、塩分も多く摂っていることが多いので、顔や体全体がむくんでしまっている可能性があります。

水分を一気に摂るのではなく、のどが渇いたなと感じる前にこまめに水分を摂って。内臓を冷やして代謝を下げないためにも、常温か白湯がおすすめ。

2.食間を空けすぎないで!

先ほども触れましたが、断食や食間が長くなると血糖値が不安定になるので、できれば食間は4時間以内がベスト。

ですが、なかなか実践できない人は間に食塩不使用のナッツやカカオ含有量の多いチョコレートなどで小腹を満たしてあげてね。

3.ウォーキングなどの軽い有酸素運動

普段より意識して体を動かしてみましょう。激しい運動をしなくてもOK。

一駅分歩いたり、エレベーターではなく階段を使ってみたり、いつもより動くことを意識することが大切。

4.しっかり睡眠をとる

寝ている間には成長ホルモンが分泌され筋肉の修復や脂肪の分解、美肌効果まで期待できるので質の高い睡眠はとても大切。

清潔な寝具を用意して、お気に入りの香りでリラックスしたり睡眠環境を整えることが睡眠の質を高めることにつながります。

食べすぎてしまった翌日は罪悪感と後悔でいっぱいになってしまいますが、頭を切り替えて上手にリセットしていきましょう。

脂肪の蓄積を防ぎつつ自分の体をコントロールできれば、食べすぎも怖くない?美味しいものをたくさん食べた後はこのリセット法をぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました