AGAって何?治療にかかる費用と期間は?

ヘアケア

PR:アドウェイク

AGAって何?治療にかかる費用と期間は?

AGAが気になるから治療を受けたいけれど、どの程度の費用がかかるか気になる……という方は多いのではないでしょうか。

少し調べると出てくるのは決して安くない治療費です。

AGA治療は継続的に受けることが大切なため、費用について事前に確認しておくことが大切。

そこで今回は、クリニックでのAGA治療にかかる費用と保険適用の有無について詳しくご紹介します。

AGA治療は保険適用外

AGA治療にかかる費用が一般的な病気やケガの治療費よりも高額なのは、健康保険が適用外の自由診療だから。

AGAは命に関わる治療ではないので保険が適用されず、全額自己負担になってしまいます。

薄毛が進行しても、範囲が広がるだけで風邪や頭痛など問題を引き起こすようなことはありません。身体への影響を考慮して治療や検査を受ける必要がないため、AGAには保険が適用されないのです。

AGAの治療費は?

保険診療が適用されないので、やはり高額になってしまいますが、治療法によって異なります。

AGA治療の基本は、投薬治療(飲み薬や塗り薬)。

使われる薬は、基本的に医師の処方せんが必要なので、薬局やドラッグストアでは手に入れることが出来ず、その分、市販の育毛剤やサプリに比べて強い作用をもつため、毛を生やす効果があるのです。

内服薬は月7,000円~1万円程度で服用をやめるとAGAが再発する可能性があるため定期的な服用が必要。

外用薬では月1万円~1万5,000円程度で、代表的なものは「ミノキシジル」です。

ミノキシジルは、毛髪の成長を促す作用がある薬で、もともとは高血圧の治療薬として開発されましたが、毛が太く長くなる副作用が認められたため、薄毛治療薬として再開発されたもの。

基本的には、内服薬と外用薬による薬物療法がとられるケースが多いですが、なかなか効果が出ない人には、「メソセラピー」やHARG療法などの頭皮に直接成長因子を注射する治療法もあります。

月に1回の治療で、相場としては2〜5万円ほどと高額になります。

AGA治療にかかる期間は?

AGA治療は始めてすぐに効果が出るものではなく、変化を感じられるまで早い人でも6ヶ月ほど。

治療を続けているうちは、抜け毛抑制や発毛促進の効果がありますが、服薬を辞めれば効果はなくなり薄毛はまた進行してしまうので、その辺りも考慮して治療期間の目途を立てると良いでしょう。

服薬をやめたら再発してしまうなら、一生飲み続けなければならないのかというとそうでもありません。

大体6ヶ月から1年で治療は完了する方も多く、また再発の兆候が現れてから治療を再開しても大丈夫です。

身体の内外からAGAにアプローチすることができるので、多少お金がかかっても治療したいのであれば、クリニックに通院するといいでしょう。

その際は、継続的に通院することになるので、料金体系や治療法、通いやすさなども考慮して失敗しないクリニック選びをしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました