髪を切りすぎた!早く伸ばす方法ってあるの?

ヘアケア

PR:アドウェイク

髪を切りすぎた!早く伸ばす方法ってあるの?

イメチェンしようと髪の毛を切ったけど、「切りすぎちゃった!」「やっぱりショートは似合わなかった!」など、こんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

そうなると、1日でも早く髪を伸ばしたいって気持ちになっちゃいますよね。

だけど髪の毛を早く伸ばすことなんてできるのでしょうか?ここでは少しでも早く髪を伸ばす方法を様々な観点からご紹介します。

切りすぎてしまった。ロングヘアに憧れる。そんな女性たちにおすすめの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

髪の毛は1ヶ月でどのくらい伸びるのか?

個人差はありますが、一ヶ月で伸びる長さは約1㎝程度。

男性よりも女性の方が伸びやすく、1.3㎝は伸びるといわれています。

また、髪の毛が短い人の方が長い人よりも伸びる速度が早い感じがしますが、実際には伸びる速度は変わりません。

実は、髪の毛は女性の方が傷みにくく男性よりもキューティクルがしっかりしていて切れ毛なども少ないんです。

ですが髪の毛は長くなればなるほどダメージを受けている状態なので、切れ毛などがおきやすく伸びるのが遅いと感じるのかも。

髪の毛を早く伸ばす方法5つ

1.頭皮マッサージ

頭皮にある毛母細胞は、髪の毛を作る大切な細胞。この細胞を活性化させるのは血液!

頭皮の血行が良くなれば、毛母細胞にたくさんの栄養が行き渡ることになります。
そこで血行促進に一番効果的なのが、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージは指の腹全体で揉み、ゆっくり丁寧に指を離すことを繰り返しましょう。

頭皮マッサージの際は、育毛剤や頭皮マッサージ用のヘアケアアイテムを一緒に使うのもおすすめです。

2.食生活を見直す

髪の成長を妨げる2大成分は、「脂肪」と「糖分」。

脂っこいものや、甘い食べ物は頭皮の皮脂を過剰にしてしまうので注意が必要です。

頭皮のベタつきを招き、毛穴を塞いでしまう原因になってしまいます。

髪を早く伸ばしたい!という期間はできるだけ控えてくださいね。

3.上質な睡眠

寝ている間は、成長ホルモンが活発に分泌され身体の成長やダメージを修復する大切な時間。

成長ホルモンは、入眠後3時間位が最も多く分泌されるので、スムーズな入眠と質の高い睡眠を心がけて。

また、睡眠のゴールデンタイムは22:00〜2:00が最も成長ホルモンが分泌される時間なので、夜更かしをせずこの時間には寝るようにして健康な髪を育てましょう。

4.髪や頭皮を清潔に保つ

髪の土台でもある頭皮を清潔に保つことも大事。

合成成分やアルコールが入っていない、無添加でアミノ酸系のシャンプーがおすすめ。

さらに、最近は美容成分が配合されたトリートメントなども多いので今見えている髪の毛のダメージを修復して切れ毛などを防ぐことも大切です。

5.ストレスを溜めない

ストレスは自律神経のバランスを崩してしまい、髪の育毛の妨げに。

自律神経というのは、血管や臓器などのコントロールを司っているので、乱れると血流が悪くなり頭皮に十分な栄養が運ばれなくなってしまいます。

軽い運動はストレスを解消するだけでなく、髪に栄養を運ぶ血流の流れをよくしてくれるので最も効果的です。

少しでも良いので、適度な有酸素運動を習慣にしてみてくださいね。

髪の毛を少しでも早く伸ばすために、すぐできる方法をご紹介してきましたがやはりある程度時間がかかってしまいます。

そんな時は最終手段として「エクステ」をつけてしまうという選択肢もあるかと思います。

気に入らないヘアスタイルでいると気分も落ち込んでしまうので、嫌な思いをするくらいならエクステで手っ取り早くロングヘアを楽しむのも◎

普段の生活を少し見直せば、髪を健康的に早く伸ばすことは可能。

つい切りすぎてしまった・・ロングヘアに憧れる・・そんな時は今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました